歯磨き粉の意味

歯磨き粉の一般的な役割は歯ブラシとともに葉についたたくさんの汚れを取りにぞくことです。ひとえに汚れと言っても沢山の種類があります。例えば、歯石や着色汚れなどがあります。歯ブラシだけでもおおまかな汚れは取り除くことができますが、歯石を取り除ききれないことや、着色汚れが取れずに葉が黄ばんでしまうことがあるでしょう。汚れを取り除くことのみならず、歯磨き粉には配合されている薬用成分によって葉の健康を促進するさまざまな高価があります。

歯磨き粉の基本的な役割は大きく4つに分類することができます。まず、歯垢を除去します。歯の表面にこびりついたネバネバが歯垢です。この歯垢の主な成分は細菌です。細菌は歯ブラシをこすり続けるだけでは取り除くことが難しいでしょう。歯磨き粉を使うことで効率的に除去することができます。

次に、歯石を防ぐ効果があります。歯石は唾液の中に含まれる成分によって歯石が炭化することにより、歯にこびりついてしまうとても硬いものです。歯にごびりつくだけでなく、歯茎を刺激して出血を引き起こす原因になってしまうこともあります。この炭化を防ぐ効果も歯磨き粉には含まれています。

更に、口臭を防ぐ効果もあります。口臭の主な原因は歯周病でしょう。口の中をきれいに保つことが出来る歯磨き粉は口臭を防ぐ効果もあります。また、ミントなどの香料をベースとした歯磨き粉には口の中を総会にすることでも口臭を防いでいます。

最後に葉を白くするホワイトニングの効果があります。食べ物やタバコなどに含まれる色素はステインと呼ばれます。この着色汚れの原因は歯磨き粉を用いて歯磨きをすることで取り除くことが出来るとされています。

歯磨き粉の種類

歯磨き粉はふつう毎日何度か人の口の中で使われるものです。誤って飲み込んでしまったという経験のある人もいるかも知れません。そのため歯磨き粉は十分に安全性が確認されていることがとても大切です。昨今の歯磨き粉は大きく二種類に分けて考えることができます。まずは化粧品の歯磨き粉です。化粧品の歯磨き粉は湿潤剤や清掃剤、香味剤などから作られています。これらは歯垢の除去や、着色汚れの除去に効果があります。一方で薬用成分の配合された医薬部外品の歯磨き粉もあります。医薬部外品の歯磨き粉には先程の化粧品の歯磨き粉の原材料の他に、虫歯を予防する効果や歯周病や歯肉炎の予防に効果がある医薬品を配合しています。また、タバコのヤニなどの除去に効果があるものもあります。この2種類の違いは歯磨き粉の裏面に書かれている製品表示で確認することができます。

歯磨き粉には爽快感や香料の好みなど消費者のさまざまな嗜好にあわせたたくさんの種類があります。これらは歯を磨く効果に直接関係するものではありませんが、短くない時間口の中で感じるものですから、自身にあうものを選びたいものです。

歯磨き粉の種類には医薬部外品か化粧品化の他に形状でも分類することができます。まず、粉歯磨き粉です。粉歯磨き粉は近年ではあまり見られなくなっていますが、かつては支流の歯磨き粉だったと言えるでしょう。清掃剤の含有量が多い傾向にあり、タバコのヤニなどには効果が期待できます。次に、液体歯磨き粉です。口をゆすぐだけでブラシを必要としないものです。ブラッシングの前後に補助的に用いられることが多いようです。最後に、一般的な練り歯磨き粉があります。