お店に行くと、ところせましと歯ブラシが並んでいます。形やかたさ色などさまざまな違いがあります。歯ブラシは口や歯の大きさ、歯並びなど個人の口の特徴に合わせてヘッドの幅や硬さ、長さ、太さなど沢山の種類があります。毛の硬さはふつうややわらかめ、かためなどがあります。硬さは省きの状態に合わせて選ぶようにすると良いと思います。やわらかめは歯茎から出血が見られる人でも優しく歯を磨くことが出きりと思います。しっかりと歯を磨いた感覚が欲しい人にはかためが良いでしょう。しかし、力を入れすぎて葉を傷めないように注意が必要です。

持ち手は握りやすさや動かしやすさなど個人のフィット感に合わせて選ぶと良いでしょう。歯磨きのときに力を入れすぎてしまう人にはペングリップと呼ばれる持ち手がおすすめです。ペングリップは鉛筆を持つような持ち方で歯ブラシを持つように持ち手が作られた歯ブラシのことです。余計な力が入らないうえに、細かいところを隅々まで磨きやすいことからおすすめできます。力を入れすぎてしまって歯茎から出血してしまったことがある人などは一度試してみるとよいかと思います。

また、持ち手からヘッドまでのネックの長さも大切です。ブラシ圧が強くなりすぎないようにヘッドと持ち手のバランスを考慮して作られているのですが、今まで注目したことがある人は少ないように思います。一度、比べてみると違いに気がつけるのではないでしょうか。

歯ブラシには日本工業標準調査会(JIS)があり、これに適合している物を選ぶと品質が保証されていることでしょう。