歯磨きの基本は歯垢や着色汚れを落とすことです。これ以外にも歯磨き粉には虫歯の予防や口臭の予防などの効果を期待している人もいることでしょう。目的によって使用するべき歯磨き粉は変わってくるでしょう。例えば、歯周病予防であれば、歯茎の腫れを抑えたり引き締めたりする効果のある成分が含まれているものを選ぶべきでしょう。知覚過敏への対策であれば、刺激の伝達を防ぐ効果の期待できる歯磨き粉を選ぶべきでしょう。毎日の歯磨きですから、自分にあった歯磨き粉を選ぶようにしましょう。では、どのようにして歯磨き粉を選べばよいのでしょうか。

まず、お子さんには虫歯の予防を主目的とした歯磨き粉をおすすめします。子供に多い虫歯の予防にはフッ素の含まれた歯磨き

歯磨き粉だけでなく細菌身近なところで耳にするフッ素というものは一体どんなものなのでしょうか。フッ素は自然界にある元素の一つです。科学的に付与されるもの以外にはお茶などに微量が含まれていることが知られています。フッ素は歯や骨などを作るために欠かせない役割を果たすことが知られており、虫歯予防にも高い効果が期待できます。近年では一般に販売さている歯磨き粉の約粉が就留だと思います。これだけでなく、お子さん向けの歯磨き粉は甘かったり刺激が少なかったりするようになっていて歯磨きへの抵抗を減らすように考えられています。

冷たいものが歯にしみる知覚過敏には、刺激の伝わる部分を塞ぐ効果のあるとされる、乳酸アルミニウムや硝酸カリウムなどの薬用成分の含まれた歯磨き粉が良いとされています。また、歯周病には殺菌剤や抗炎症作用などの薬用成分が配合された歯磨き粉がおすすめです。私傷病金を殺菌するだけでなくて、再付着を予防する効果のある歯磨き粉もあるので、これはより歯周病にこうかがあることでしょう。

歯磨き粉をつけていると歯がすり減ってしまわないのか、というご質問をいただくことがあります。この心配は殆どありません。歯のエナメル質は体の中でもっと硬い部分だと言われています。ある専門家の研究によれば、人の一生に相当する期間のぶん歯磨き粉を使用してもほとんど摩耗は無かったとされています。