Nさん58は歯が全体的にグラぐらいしている歯周病でした。また上の歯にはインプラントが施されており、将来的には他の歯もインプラントにする必要があると考えていたようです。しかし、インプラント手術後の痛みはNさんの想像を超えたもので、もうインプラント治療は可能ならばしたくないと考えていました。この患者様はかなり遠方にお住まいのようでしたが、週2回も自動車に乗って高速道路を使い通ってくださる治療に熱心な方でした。Nさんには口腔内洗浄とコラーゲン再生治療、高濃度抗真菌剤、さらには3種混合薬による治療を継続ました。そうすると、なんとーカ月後にはそれなりに固いものが噛めるまでに改善しました。これは短期間で骨が再生したと言っても良いと思います。コラーゲンによる再生治療はある程度頻繁に行ったほうが、歯の再生の速度が速まるのではないかと考えるようになりました。

この患者様がこれほど驚異的な回復を見せたのはひとえに、この患者様の頑張にほかなりません。週に2回も通院されただけではなくて、プラッシングをしっかりと行い、とても丁寧にプラークコントロールがなされていたように感じます。これによって、口腔内の細菌の活動が強く抑制されたことでしょう。これにより、コラーゲン再生治療の効果がとても高まったように感じます。プラークコントロールが丁寧に実行されれば、コラーゲンによる再生治療は、1週間または2週間にl回の頻度でも十分に効果があるように感じています。熱心に治療を行えば、これを上回る効果が期待できるかもしれません。