13 Sep / 2018

虫歯

虫歯を放置すると歯根が極端に短くなってしまうことがあります。これは、むし歯を放置し歯が倒れてきた後に骨にくっついてしまったからです。この患者様は長らく虫歯を放置してきてしまいましたが、どうにかして抜歯を避けてほしいとのことでした。通常であれば抜歯をすることが最善だと石から提案されると思います。

この患者様への治療はどのようなものだったのでしょうか。まず、歯根に根充剤と呼ばれる薬を詰め込みます。その後そこに芯棒を入れます。しかし、この患者様は虫歯の進行によって歯の根が極端に短くなってしまっていました。そのため、とても短い芯棒しか入らず抜けやすくなっていました。しかし、芯棒をより深く入れようとすると根充剤を充填する空位感がなくなってしまうので、芯棒が安定しなくなってしまいます。

このような治療では根の先をしっかり封鎖して、細菌の逃げるすべや生き残る方法を眼前になくすことが大切だと思います。細菌をいかに封鎖するかが治療の成否を決めると言っても過言ではないかもしれません。ところが、とても進行した虫歯のために芯棒と根充剤を入れる空間が足りないのです。そのため、強力な接着剤で芯棒を止めて根の先を封鎖したのです。

こうすることで、2年の歳月をかけ細菌が死滅し、骨の再生が進んでこれ以上の治療が必要のないところまで完全したように思えます。歯根が短い場合には、根充剤を入れずに接着剤だけで歯根の先端を封鎖する方法も虫歯の治療には有効であると思うようになりました。

One Reply to “虫歯”

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *