23 Sep / 2018

根尖病巣の患者様

最後は根尖病巣の患者様の例です。根尖病巣とは、歯根の尖端付近にできる病気の総称です。特に、虫歯が歯の内部の神経や血管などの組織にまで侵入してしまい歯の根の先に膿の袋ができてしまうことを指します。

この根尖病巣は根管治療が上手くいっていない場合に、細菌感染が発生して発病することが少なくないように思います。治療する側の自分勝手な考えにほかならないのです、保険だからこの程度も良いとか、印点の治療で済ませてしまえ、と考えている医師が少なくないと思います。これは患者様からすれば溜まったものではありません。医師は自分の仕事に責任を持ち全力を尽くして患者様の量に専念するべきでしょう。患者様が頼るしか無い専門家は最善を尽くす必要があると思います。

さて、この患者様にはまず、根の長さをしっかりと測定しそれに合わせた分の薬を過不足なく塗り込みました。そして、根の先まで洗浄を超音波も用いて洗浄を行いました。超音波洗浄には棒状の道具を用いるのですが、これは細菌や感染物質をかなり除去することが出来ると考えています。

根尖病巣はレントゲンで見ると黒く見えることが一般的です。それは幹部が溶けてなくなっているためでしょう。そのため、レントゲンの写真を見比べることで患者様がどの程度治ったのかを判断することができます。この患者様の場合では骨が再生したと言って問題ないほど改善していたように感じます。

13 Sep / 2018

虫歯

虫歯を放置すると歯根が極端に短くなってしまうことがあります。これは、むし歯を放置し歯が倒れてきた後に骨にくっついてしまったからです。この患者様は長らく虫歯を放置してきてしまいましたが、どうにかして抜歯を避けてほしいとのことでした。通常であれば抜歯をすることが最善だと石から提案されると思います。

この患者様への治療はどのようなものだったのでしょうか。まず、歯根に根充剤と呼ばれる薬を詰め込みます。その後そこに芯棒を入れます。しかし、この患者様は虫歯の進行によって歯の根が極端に短くなってしまっていました。そのため、とても短い芯棒しか入らず抜けやすくなっていました。しかし、芯棒をより深く入れようとすると根充剤を充填する空位感がなくなってしまうので、芯棒が安定しなくなってしまいます。

このような治療では根の先をしっかり封鎖して、細菌の逃げるすべや生き残る方法を眼前になくすことが大切だと思います。細菌をいかに封鎖するかが治療の成否を決めると言っても過言ではないかもしれません。ところが、とても進行した虫歯のために芯棒と根充剤を入れる空間が足りないのです。そのため、強力な接着剤で芯棒を止めて根の先を封鎖したのです。

こうすることで、2年の歳月をかけ細菌が死滅し、骨の再生が進んでこれ以上の治療が必要のないところまで完全したように思えます。歯根が短い場合には、根充剤を入れずに接着剤だけで歯根の先端を封鎖する方法も虫歯の治療には有効であると思うようになりました。